ネットで申し込み

資料を指すシニア夫婦

昨今、自動車保険はインターネットを活用した業務効率化により、その保険料も安くなってきている。 保険会社によっては、インターネット割引のみで保険料マイナス1万円のところも出てきている程である。 保険会社から見れば、保険営業マンを使わずともインターネットで申込が入り、事務手続きだけで、保険料はそのまま収入になるのである。 インターネットを使った自動車保険販売は、非常に効率の良いビジネス形態を言える。 その見返りとして保険料は非常に安い価格に設定されている。 インターネットを使った申込をしない手は無いということである。 またインターネット申込では、証券レスもオプションで選択できる保険会社も多い。 つまり証券を発行しない(勿論契約は有効)代りに保険料を割り引きしましょうということである。 この様な割引を適用していくと、適用しない時と比べ大きな料金差が生まれることに気が付くであろう。

現在では、保険会社各社ともにインターネット対応して、安い保険料を設定している。 自動車保険をインターネット販売に特化している保険会社も有る程だ。 では、どの保険会社を選んだら良いのであろうか。 保険では無いが、共済も忘れてはならない。 自動車共済は、自動車保険に負けじと劣らずの優れた商品もある。 掛け金も保険料と比べて安い金額で設定されているものが多い。 これらの状況を鑑み、まず行うべきことは、保険比較サイトを活用して、比較見積りを取得するところからスタートすべきであろう。 予め条件を決めて申し込めば、Eメールで各社から見積りが届くという仕組みになっている。 条件はほぼ同じなのだから、金額を単純に比較でき、高い安いの判断が容易なのである。 次に、保険と共済の比較である。 共済もインターネット見積りに対応しているところがある。 最終的に、保険のNO.1と共済のNO.1を比較すると結果が出るというわけだ。 保険料、掛け金の金額以外では、事故発生時の対応口コミなども確認しておけば、万全であろう。